あいり歯科クリニック
〒358-0023
埼玉県入間市扇台6丁目8-4
TEL:04-2907-1188
駐車場8台

診療時間
月曜日~土曜日
午前 9:00~12:30
午後 14:00~19:00

※土曜日は17:00迄の診療となります。
休診日  日曜日・祝日
- 各種健康保険取扱い -

審美歯科

審美歯科について

審美歯科とはいったいなんでしょうか?セラミックのきれいな人工の歯を入れることではありません。歯肉のライン、歯のライン、咬み合わせなどの状態を診査・診断し、歯周外科、根の治療、インプラント、ホワイトニングなどの治療を組み合わせて、その患者さんにあったバランスのとれた美しさを獲得する治療法です。
重要なことは、《審美歯科》を実践するためには、ひとつひとつの治療がしっかり出来るだけではなく、最終的なゴールに向かっていく治療計画を立案し、それを実行できる総合的な技術がなくてはいけないということです。
治療後もきれいな状態を保つためには、全体をとらえた診断が必要です。
くれぐれも、自分の歯を削って人工の歯を入れるといった安易な審美歯科に走らないことを願います。

オールセラミッククラウン

オールセラミックは、金属を一切使用しないセラミックス製の歯で、光の透過性が天然の歯に似ていて色調の点でもきわめて自然に再現することができます。硬すぎて他の歯を傷つけることもなく、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料で変色も一切ありません。
また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持でき歯や歯ぐきが黒ずむこともありません。ます。金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。

従来の素材とオールセラミックの違い
オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特徴をもって注目されています。
冠の全てをセラミックで作り上げるため、これまでその強度が問題となっていましたが、最新の技術によって、ジルコニアなどの強度にも優れた材料が開発され、奥歯の力のかかる部分にも利用できるようになりました。

オールセラミッククラウンの特徴

一般的な治療スケジュール

1回目
診査・診断 ・・・・・ 歯型を取り治療計画を立てます。
ブラッシング指導 ・・・・・ 歯肉の健康回復
2回目
歯を削ります ・・・・・ 歯の表面を削って、仮歯を入れ仮歯の形や大きさなどをチェックします。
3回目
型をとります ・・・・・ 削った歯の型をとります。
4回目
歯の試適 ・・・・・ オールセラミックスの適合をチェックし、咬み合わせを調整します。
治療完了 ・・・・・ オールセラミックを接着剤を用いて着けます。

ポーセレン・ラミネートベニヤ

歯と歯の隙間が目立つ人、歯が変色してしまった人、白くきれいな歯をとりもどしたい人に!
前歯が白くきれいな歯は誰もがあこがれる美と健康のシンボルです。ところが、歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、歯の色が変色しホワイトニングだけでは効果が期待できないケース、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ポーセレン・ラミネートベニア法です。
ポーセレン・ラミネートベニヤは、セラミックの特性を十分に生かし、本来の天然歯と同じかそれ以上の色調・形態を再現し、審美的効果が高い治療法です。

ポーセレン・ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。神経を傷付けることなく、歯へのダメージも最小限であり、安全で、耐久性があり、美しく自然な感じに仕上がります。

ポーセレン・ラミネートベニヤ法の特徴

どのような人に ポーセレン・ラミネートベニヤ法は有効なの?
変色した歯、着色の著しい歯
 テトラサイクリン、フッ素などの薬物によるもの、先天的に色が濃いいもの、神経を抜いた歯の変色など
虫歯
 浅く、広範囲な虫歯になってしまった場合。一本の歯に数箇所の虫歯ができてしまった場合、など
歯の形が不ぞろい
 先天的に形が不揃い、極度に小さい歯や、形が整っていない歯など
軽度に歯並びの悪い場合
 少し歯並びが悪く、左右の対称性が悪い歯
見た目にはそんなに問題ない歯
 色も形もそんなに問題ないが、もっときれいな前歯部にしたい人

一般的な治療スケジュール

1回目
診査・診断 ・・・・・ 治療計画を立てる。
ブラッシング指導 ・・・・・ 歯肉の健康回復
2回目
歯を削ります ・・・・・ 歯の表面の表側のエナメル質部分だけを、薄く(約0.5mm)削ります。
型をとります ・・・・・ 削った歯の型をとります。仮歯を付けます。
3回目
歯を着けます ・・・・・ 技工士が作製したラミネート・ベニヤに接着剤を用いて着けます。
治療完了 ・・・・・ 歯の表面を磨き、咬み合わせの調整を行います。

歯並びやお口の健康状態、年齢、治療経過等、様々な要因により通院回数、治療期間は前後することもございます。

メタルボンドクラウン

歯が折れた時や大きなむし歯の治療に?
歯を白くするだけではなく、歯並びも整えることができます。この方法は金属の上にセラミックを盛り付け歯の色を出します。歯が折れた時や大きな虫歯の治療は、悪い部分を取ったあとに人工の歯冠をかぶせます。
スタンダードセラミックは、悪い部分を削った上に(削る部分が大きい時は金属の土台を立て)金属(メタル)をかぶせその上にセラミック(陶材)を2重に焼き付けます。かぶせ物の表面だけにセラミックスを焼き付け、内面には金属を使用しますセラミックの歯は、自由に色や形を調整できますので、自然の自分の歯そっくりに仕上げることができます。

審美性と強度をあわせ持った高い修復治療
セラミックの透明感と貴金属の強度を併せ持ち、ブリッジ、連結冠等の症例にも適応できます。審美性と強度を合わせ持った信頼性の高い修復方法です。
自然感は、オールセラミックよりは劣りますが、ブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用出来るという利点があります。
※一部金属を使うため、金属アレルギーのある方にはおすすめできません

メタルボンドクラウンの特徴

一般的な治療スケジュール

1回目
診査・診断 ・・・・・ 歯型を取り治療計画を立てます。
ブラッシング指導 ・・・・・ 歯肉の健康回復
2回目
歯を削ります ・・・・・ 歯の表面を削って、仮歯を入れ仮歯の形や大きさなどをチェックします。
3回目
型をとります ・・・・・ 削った歯の型をとります。
4回目
歯の試適 ・・・・・ メタルボンドクラウンの適合をチェックし、咬み合わせを調整します。
治療完了 ・・・・・ メタルボンドクラウンを接着剤を用いて着けます。

歯並びやお口の健康状態、年齢、治療経過等、様々な要因により通院回数、治療期間は前後することもございます。

ハイブリッドセラミックス

セラミックスとプラスチックを複合した新素材。天然歯に調和する自然な色調、強度と対向する歯へのやさしさをあわせ持つ理想の材質で、前歯から奥歯まで、あらゆる歯の修復に対応します。
金属と違って歯の色を自由に調色できますので、天然歯と同じような自然な仕上がりです。最近は、治療済みの部分的な銀歯をハイブリットセラミックス・インレーに替える方が大変増えています。

強度と審美性の高い、ハイブリッドセラミック
奥歯には、人の体重ほどの重量がかかる為、奥歯の治療には金属を詰める修復方法が主流でしたが、金属では審美性が低い欠点がありました。ハイブリッドセラミックは、セラミックと合成樹脂を混ぜて、歯と同じ硬さにした天然歯と同じ色の詰め物なので、強度と美しさを兼ね備えた治療が可能となりました。
ハイブリッドセラミックは色調表現に優れており生体にも安全な物質なので、安心して治療していただけます。金属製の詰め物と比較しても、腐食性、アレルギー、審美性および合着セメントとの接着性において優れています。

ハイブリッドセラミックの特徴

一般的な治療スケジュール

1回目
診査・診断 ・・・・・ 歯型を取り治療計画を立てます。
ブラッシング指導 ・・・・・ 歯肉の健康回復
2回目
歯を削ります ・・・・・ 歯の表面を削って、仮歯を入れ仮歯の形や大きさなどをチェックします。
3回目
型をとります ・・・・・ 削った歯の型をとります。
4回目
歯の試適 ・・・・・ ハイブリッドセラミックの適合をチェックし、咬み合わせを調整します。
治療完了 ・・・・・ ハイブリッドセラミックを接着剤を用いて着けます。